MORRIS W-20 2007年3月購入
なんだか、無性に弾きたくなった。反省はしていない。つか、しない。
状態は悪く、傷だらけーのブリッジなしぃの、ピンも弦もなし〜のとつぎーの。
それでも以前は、「ギター持ち」不足していたパーツは、
全部部屋の何処かにあったりしてて、ちょっと笑った。
音は。。。う〜ん。なんとも、、、(悪くはないのだが、音が硬い。)
よくよく見てみると、外観はひどかったが、ネックの反りは全く無いといっていいし、
フレットの減りもまるでなし。
ペグも歯車がキツイ位しっかり噛み合っていて、
「多分、外には出していたが、殆ど弾かれていなかったのではないか。」
という、コンディション良好なものだった。
「弾き込んで、一皮むけるだろうか。」・・・売るかもw

で。5月頃に売ったようだ。。。(現2007・11・8)
一応、再生編では、一台目のギターだったから、
「少しだけ、ゴメンネ。そして、アリガトウ」という気持ちがあり、
ここに鎮魂の意を表して、書かせて頂きましたよ?
(買ってくれた人が弾いてくれてるといいなぁ。とは思うけど・・・)
うーん。マンダムw




  『FG-201B(左)とW-20(右)の2ショット』



アコースティックでいこう。TOPへ

inserted by FC2 system